信州諏訪湖
冬の風物詩わかさぎ釣り

冬の諏訪湖の風物詩として親しまれている「わかさぎ釣り」。ドーム船の床に開いた穴に糸を垂らし、氷上の穴釣りのイメージでわかさぎ釣りを楽しめます。秋は、爽やかな空気に触れながら湖上から周囲の山並みを眺め、冬の寒い時期には、ドーム船の中で穴釣りを体験ください。初心者の方には、スタッフが釣り方をアドバイスします!

諏訪湖わかさぎ釣り
2時間観光釣り体験コース

■諏訪湖釣舟センター

期間 10月上旬~3月上旬
釣り時間 午前7時~午後3時までのうちで2時間
料金 大人1名 4,000円 、子ども(小学生以下)1名様 2,500円
利用方法 人数制限があります。事前にお電話にてご予約ください。
受付時間 午前6時30分から随時  正午までに受付をしてください
定休日 水、木曜日
予約・お問合せ先 諏訪湖釣舟センター
TEL 0266-52-1199
住所 長野県諏訪市渋崎1792-375
アクセス 自動車・・・中央自動車道諏訪インターチェンジより約15分
電車・・・中央本線JR上諏訪駅下車、タクシーで約10分またはバスで約15分


■諏訪湖観光汽船

期間 10月上旬~3月上旬
時間 2時間コースの開始時間は、9時、11時、13時の時間指定になります。
料金 大人 3,900円 、子ども(小学生~中学生)2,000円
※乗船料、竿、仕掛け(1枚)、餌、遊魚券全て含んだ料金です。
予約・お問合せ先 諏訪湖観光汽船
TEL 0266-52-0739
営業時間 9時~15時
住所 諏訪市湖岸通り3-1-27
アクセス 自動車・・・中央自動車道諏訪インターより15分
電車・・・JR上諏訪駅から徒歩10分

諏訪湖イルミネーション
2022-2023

冬の諏訪湖は寒く哀愁が感じられます。諏訪湖畔の並木を彩る温かなイルミネーションは対岸を彩る夜景と相まって幻想的な光の空間が広がります。

点灯期間 令和4年11月19日(土)~令和5年2月28日(火)
時間 午後5時~午後9時30分
場所 諏訪市 湖畔公園  ※野外音楽堂付近から湖畔公園足湯付近まで
内容 湖畔並木の樹木
主催 諏訪湖イルミネーション委員会
(一社)諏訪観光協会、諏訪湖温泉旅館組合、諏訪商工会議所、諏訪市
アクセス 自動車・・・中央自動車道諏訪インターより15分
電車・・・JR上諏訪駅から徒歩10分

※間欠泉の特別噴出はありません

日帰り入浴
片倉館

わかさぎ釣り体験や散策を楽しんだあとは、天然温泉が冷えた体をじっくりあたためてくれます。大正から昭和初期に製糸業で栄えた片倉財閥が地域住民の厚生と社交の場として昭和3年に建設した日帰り温泉 片倉館は、レトロな洋風建築と千人風呂と呼ばれる大浴場。天然温泉を豊富にたたえる浴槽は100人が一度に入浴できるほどの広さで、深さ1.1mの底には玉砂利が敷き詰められ足の裏を心地良く刺激します。ステンドグラスや周囲の彫刻、装飾もお楽しみいただける芸術のお風呂です

■日帰り天然温泉 片倉館

入浴料 大人750円、小人450円 (3才以上小学生まで)
営業時間 10時~20時(受付は19時30分まで)
休館日 毎月第2・第4火曜日
TEL 0266-52-0604
住所 諏訪市湖岸通り4-1-9
リンク 【国指定重要文化財】財団法人片倉館ホームページ

御神渡り

冬の諏訪湖に現れる氷が盛り上がる自然現象です。その壮大さから昔の諏訪の人々はこれを神様の通られた跡「御神渡り」と名付けました。最近では、2018年(平成30年)2月5日に5季振りに御神渡りが出現しました。

【御神渡りのメカニズム】
冬(1月~2月)に気温が下がり諏訪湖の湖面が全面結氷し、マイナス10℃以下の寒気が数日続くと氷の厚さが10㎝以上になります。さらに昼夜の温度差で氷の膨張と収縮が繰り返されると、湖の南岸から北岸にかけて轟音とともに氷が割れて高さ30㎝~60㎝くらいの氷の山脈ができます。これを「一の御渡り」と呼び、その数日後、同方向に出現したものを「二の御渡り」、東岸からできて一の御渡り、二の御渡りに直行するものを「佐久の御渡り」と呼んでいます。この3筋が出現すると八劔神社(諏訪市小和田)が「御渡り神事」(諏訪市無形民俗文化財)を行い「御神渡り」と認定します。
御神渡りは古くから諏訪の七不思議の一つと数えられています。伝説では、諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへ通った道筋と言われています。
TOPIC
寄せ氷についても簡単に掲載諏訪市諏訪湖畔、(石彫公園、高木付近)