Suwa taisha

諏訪大社

お諏訪様と呼ばれる諏訪神社の総本社。上社と下社があり、上社が本宮(諏訪市)・前宮(茅野市)、下社が秋宮・春宮(共に下諏訪町)に分かれる二社四宮で鎮座しています。本宮は建御名方神を祭神とし、古くは風の神、水の神、農耕・狩猟の神として信仰を集めていました。中世以降は東国第一の軍神として崇拝され、名将たちが全国各地に御分霊を持ち帰ったとされています。そのため全国に一万余りの御分社が祀られています。諏訪造りと呼ばれる本殿をもたない建築様式で、社殿は国の重要文化財に、社叢は県の天然記念物に指定されています。

Shrine Complex

諏訪大社 上社本宮

上社本宮は片拝殿が弊拝殿の左右に並ぶ独特の「諏訪造り」。建造物も四社中で最も多くを残しています。現在の建物は江戸時代に再建されたもので、徳川家康の寄進による四脚門など、国の重要文化財に指定されている貴重な建造物が残されております。

諏訪大社 上社前宮

古木に囲まれた石段を登ると山の中腹に現れる御本殿。上社前宮は、諏訪信仰発祥の地と伝えられています。その昔は諏訪大社の祭祀を司る大祝の居館をはじめ、多くの建物が軒を連ねていました。

諏訪大社 下社春宮

幣拝殿・片拝殿は国の重要文化財。毎年1月15日には筒粥殿において作物の豊凶を占う筒粥神事が行われます。御影石の大鳥居は万治2年(1659)の建立と推定され、万治の石仏と同じ作者と言われています。

諏訪大社 下社秋宮

青銅製では日本一大きい狛犬。幣拝殿の見事な彫刻は江戸中期の名匠、立川和四郎富棟の代表作。大注連縄が飾られた三方切妻造りの神楽殿、樹齢約八百年の「根入りの杉」、青銅製では日本一大きいとされる狛犬など、見どころもたくさん。幣拝殿、神楽殿ともに国の重要文化財です。

Onbashira

御柱祭

御柱祭は、7年目毎の寅と申の年に、諏訪人22万人をあげて盛大に行われる諏訪大社氏子のお祭り。その勇壮さと規模から天下の大祭として全国的にも有名です。直径約1m、長さ約17m、重さ約12tにもなるもみの巨木を、諏訪大社氏子が総出で山から切り出し、里へ曳き、最後には上社・下社の各社殿を囲むよう、四隅に建てられます。巨木を山から里へと曳く「山出し」は4月に、里から各社殿へと曳き建てる「里曳き」は5月に開催。また、諏訪地方の各地区にある小宮と呼ばれる神社でも秋に御柱祭が行われるなど、一年を通して盛り上がります。

goshu-in

御朱印巡り

寺院や神社を参拝すると頂ける御朱印は、その神社を訪れた証として、また、大切な旅の記念になるものですが、近年この御朱印集めがブームになっています。ここ諏訪大社でも多くの参拝者が諏訪大社参拝の記念にと、御朱印を受けていきます。御朱印帳を購入し、四社参りをする人も増えています。また、諏訪大社では毎朝6時に御祭神に朝の食事を捧げる神事『朝御饌(あさみけ)祭』が行なわれています。諏訪に逗留したら早起きをして、清冽な空気の中で参拝してみてはいかがでしょうか。

Takashima Castle

高島城

約400年前に豊臣秀吉の臣下、日根野織部正高吉に築城された高島城。築城当時、諏訪湖の水が城際まで迫り壕の役割を果たしたことから難攻不落を誇り、別名を「諏訪の浮城」と呼ばれていました。現在の天守閣は昭和45年に復興されたもの。1・2階は郷土や高島城の資料室に、3階は展望室として利用されています。城内は桜や藤の名所としても名高い公園になっています。

information

高島城

営業時間: 4月~9月 9:00~17:30 10月~3月 9:00~16:30休館日:12/26~12/31及び11月第2木曜日、館内清掃休館日ありお問い合わせ先:高島城TEL. 0266-53-1173ホームページ