諏訪市誘客コンテンツ
造成プロモーション事業

諏訪市では、令和3年度に作成した諏訪市観光グランドデザインの実現に向けて、令和4年度は長野県地域発元気づくり支援金を活用した、「諏訪市誘客コンテンツ造成プロモーション事業」を実施しています。
魅力的な誘客コンテンツの造成やプロモーションを支援する補助制度を設け、講演会や勉強会を通じて、様々な民間の担い手による地域活性化を目指しています。

「SUWAらしい」観光地に向けた誘客コンテンツ造成事業補助金

「諏訪市観光グランドデザイン」の実現に向けて、諏訪市への誘客につながる「SUWAらしさ」を創出する誘客コンテンツの造成や磨き上げ等を支援する補助金制度について、令和4年9月29日に行われた審査会の結果、以下の5事業者が採択事業者として決定しました。

令和4年度 「SUWAらしい」観光地に向けた誘客コンテンツ造成事業補助金 審査結果

No.1 ファミリー向けサイクリング誘客プラン
申請者 株式会社ホテル紅や
内容 諏訪湖周サイクリングロードの整備とともに周辺環境が整いつつあることを背景に、市内宿泊施設利用者、近隣日帰り観光客、市内在住者でレンタサイクルを利用する主にファミリー層向けに、観光客などにとってさらに魅力的な自転車ラインナップを構築して今後の誘客にも繋げる。
採 択 額 300,000
No.2 通年で楽しめる水上アクティビティの創出
申請者 アポルタ合同会社(諏訪湖カヤック)
内容 グリーンシーズンだけでなく、冬季も水上アクティビティが体験できる街を目指し、諏訪湖流域を活用したSUP(スタンドアップパドルボート)体験、すわっこランドと提携したSUPヨガを提供する。観光客向けのSUP体験、地元民向けの教室形式のSUPヨガ講座を導入し、市内外のアクティビティ需要創出を狙う。令和4年度はSUPヨガのステップアップ講座(以下SUPヨガ講座)モニターツアー(全3回)を実施し、本格始動に向けた課題整理を実施。
採 択 額 300,000
No.3 Eバイクレンタサイクル事業の利用促進および受け入れ体制の強化
申請者 諏訪地区JTBかりん会
内容 上諏訪温泉の宿泊者へEバイクを使った諏訪周辺観光の魅力をPRし、以下の効果を狙う。① Eバイクと、それを使った湖周のサイクリングコースを提案することにより、地域への滞在時間を増やす。② 「サイクリングで周辺観光をする魅力」を体験する機会を提供し、また利用したい、との来訪動機のひとつになることを目指す。 (リピーターの獲得)
採 択 額 300,000
No.4 霧ヶ峰「薙鎌神社」のPRおよび朱印作成
申請者 霧ヶ峰旅館組合
内容 昨年諏訪市によって薙鎌神社周辺の樹木の伐採が行われ、以前にも増し、諏訪湖やアルプスの山々が一望できるSNS映えのする景勝地となった。霧ヶ峰観光の誘客コンテンツの一つとして多くの観光客に訪れていただくことと、あわせてブームにもなっている御朱印収集にも応えることができるものと考える。
採 択 額 300,000
No.5 レンタサイクル事業の実証実験
申請者 アベントゥーライフ株式会社
内容 SUWAガラスの里や上諏訪温泉の宿泊施設との連携により、弊社が企画した電動折り畳み自転車のレンタサイクル事業を行い、観光客の回遊性創出と経済波及効果を高めるもの。
採 択 額 300,000

講演会・勉強会映像

キックオフイベント|8月31日