がんばれ受験生!合格祈願「文殊の梶の葉」カードに願いを込めて

合格祈願「文殊の梶の葉」メッセージカードと受験生応援ボードをJR上諏訪駅コンコースへ設置いたします。

メッセージカードは、令和5年1月10日に仏法紹隆寺にてご祈祷を済ませました。

受験生の願い事、受験生への応援メッセージを書いてボードにしっかりと結んでください。

受験生の皆さん 体調を整えて、最後まで頑張ってください!

 

【合格祈願「文殊の梶の葉」メッセージカード・受験生応援ボード設置】

〇期 間

 令和5年1月17日(火)午後3時 ~ 3月16日(木)12時まで

 

〇設置場所

JR上諏訪駅コンコース  (住所:諏訪市諏訪1-1-18)

 

〇メッセージカード配布場所

 ・JR上諏訪駅

・アーク諏訪3階 すわっチャオ

 

(昨年の様子)

  

 

**********
諏訪高島藩主の紋である梶の葉。
梶の葉は古来、七夕の際に歌を書いて飾る風習がありました。
諏訪高島藩主が願いを祈る祈願寺であり、諏訪地域最古の学問所である仏法紹隆寺 文殊菩薩さまに、知恵を司る文殊菩薩のご利益を授かり、試験に合格できますようメッセージカードをご祈祷いたします。応援ボード設置期間終了後は、仏法紹隆寺にてメッセージカードのお焚き上げをいたします。
**********

 

令和5年1月10日、仏法紹隆寺にてメッセージカードのご祈祷を済ませました。

     

 

【仏法紹隆寺】 

長野県諏訪市四賀桑原にある真言宗のお寺  鼈澤荘厳山 大虚空蔵院 佛法紹隆寺 (べったくそうごんざん だいこくうぞういん ぶっぽうしょうりゅうじ)は、平安時代より諏訪大社の別当社務職という「仏教の諏訪信仰」を担ってきました。 また、弘法大師空海より信州・甲州のお坊さんの学校とされたと伝わり多くの僧侶が学んでいました。 諏訪高島藩時代には藩主の祈願寺として、お殿様の帰依を受けました。

かつて諏訪大明神として祀られた普賢菩薩像や鎌倉幕府ゆかりの伝運慶作不動明王像、室町幕府ゆかりの普賢菩薩像など諏訪地域の文化の息吹を伝える文化財や寺宝が6000点以上あり、諏訪市名勝の桃山時代庭園をはじめとする「江戸」「明治・大正」「昭和」と4つの時代の庭園もございます。

ワークプレイス(寺ワーク) https://www.suwakanko.jp/suwacation/としてもご利用いただけます。

ホームページ https://buppou-syoryuji.jp/