諏訪湖が全面結氷しました(1月13日)

諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる、八劔神社(諏訪市小和田)や総代6人は、1月5日から毎朝湖面の状況を観察し、1月13日朝、諏訪湖が全面結氷したと認定しました。

諏訪湖が全面結氷するのは、2018年の御神渡り以来3季ぶりの事です。
氷の厚さが10センチ以上になり、さらに昼夜の温度差で氷の膨張と収縮を繰り返されせり上がる「御神渡り」を、今年は見ることができるのでしょうか。

3季ぶりの御神渡り出現に期待が膨らみます。

 

本日1月14日はの天気は晴れ、最高気温は8度

寒さが緩み、日中の日差しによって薄氷が解けているところがあります。

また、諏訪湖は、随所に温泉や天然ガス湧出による薄氷「釜穴」が散在しています。

風向きや流れにより氷の厚さ、強さにムラがあり、結氷状況も日々変化しているため大変危険です。

諏訪湖の氷の上には絶対に乗らないようお願いいたします。

2021.1.14