「ぬり絵で笑顔」コンクール入賞作品紙面展示中

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外出自粛が求められた今年のゴールデンウィーク

「信州の観光はお休み中」により、ご自宅で有意義に過ごしていただこうと、長野日報社と諏訪のオリジナルキャラクターを企画する㈱ピーエムオフィスエーでは、

「お家で過ごそう ぬり絵で笑顔」を実施しぬり絵コンクールが行われました。

 

ぬり絵コンクールには、諏訪地域を中心に4歳から101歳まで310点の応募があり、審査会が行われ、部門ごとに最優秀賞、優秀賞など72点の入賞作品が決まりました。

応募作品は新型コロナウイルスの収束後に諏訪市のSUWAガラスの里で展示される予定です。

新型コロナウィルス感染が収束したら、今回のぬり絵でキャラクターが紹介する観光スポットや展示会場へお出かけください。

 

諏訪市観光案内所では、6月下旬まで(予定)入賞作品の掲載紙面を飾らせていただいています。

  

 

——-

ぬり絵台紙は、諏訪エリアの観光スポット4か所とそれぞれのオリジナルキャラクターがデザインされたもの。

こちらのホームページ新着情報にて、ぬり絵台紙を公開し、#おうちでながの #ぬり絵ですわ旅 をお楽しみいただきました。

ぬり絵台紙PDFは、引き続き新着情報に公開しています。

ご自宅でダウンロード、印刷して諏訪地域の観光スポットをぬり絵で巡ってみてください。

脳の若返りにも良いと注目されているぬり絵は、お子さまはもちろん大人の方もお楽しみいただけます。

——

諏訪姫公式サイト((外部リンク) 

PMOAオリジナルキャラクターサイト (外部リンク)